ただのむくみと思ってはダメ!浮腫と呼ばれる病気について

むくみが病気の一種?

浮腫と呼ばれる病気の解説

むくみは医学的に浮腫といいます。浮腫は原因として皮膚組織の下に溜まった水分が原因になるのですが、足に出来る浮腫は静脈に血が溜まってうまく循環出来ず起きてしまうこともあります。

全体的にむくんでしまう全身性浮腫

本来むくみは部分的に起きてしまうのですが、体全体がむくむ全身性浮腫と呼ばれる症状があります。全身性浮腫の原因としてうっ血性の心不全や腎臓病が関係しているので症状が現れたらすぐに内科に行きましょう。

むくみの治療は保存療法が一般的

通常むくみは一過性のタイプが多いので時間が経てば自然に治る事が多いです。全身性浮腫などの別の病気が関係する場合を除いては基本的にマッサージや圧迫療法などの保存療法を行なって改善させていきます。

広告募集中