動脈硬化が引き起こす病気と対策法を考えよう

見た目で判断出来る動脈硬化の症状

耳たぶにシワが出来る場合は要注意が必要

耳たぶにシワは本来出来ません。老化やダイエットによって皮膚が余る場合はその可能性もありますが、心疾患の場合だと出来ないはずの耳たぶにシワが出来てしまうので動脈硬化が起こっている可能性もあります。

左右で足の爪や毛の生え方が違う?

左右で爪の伸び方や毛の生え方が違う場合には閉塞性動脈硬化の可能性が高いです。一箇所の血管で起こる閉塞性動脈硬化ではその血管が通っている部分に変化が訪れるため爪や毛に影響が出てくるのです。

部分やせではなく病気の象徴

足は普段重力に逆らった状態で血液が流れています。仮に足に動脈硬化の症状が起きた場合は部分的に痩せてしまう可能性があります。衣服を着用する際に片方だけスムーズに着れるのであれば注意しましょう。

皮膚の色が変わっている

皮膚は血管の上に存在しているため血液の流れによって皮膚の色が変わります。また、部分的に肌の色が変わっているのであればその部分の血液の流れが悪くなっていることが原因とされています。

ものもらいとは違うコブがまぶたに出来る

まぶたにものもらいとは違う脂肪のような固まりが出来てしまう時は頸動脈の流れが良くない状態です。特に血管と関係しているリンパは症状が現れやすいので脂肪腫のようなコブが出来てしまうのです。

動脈硬化に関係する病気

動脈硬化が起きる理由について

動脈は弾力と柔軟があり、その特徴で血液のパイプ役を担っています。しかし喫煙や偏った食事によってダメージを受けた血管は弾力性や柔軟性を失い硬くなります。それが動脈硬化と呼ばれている由縁なのです。

動脈硬化が引き起こす他の病気

動脈硬化は生命に関わる病気を引き起こしてしまう可能性があります。細い血管が多い脳では動脈硬化によって血液が溜まる脳梗塞や血管が破裂して脳内に血液が溜まる脳卒中を引き起こしてしまうので日頃から注意が必要です。

定期的な健康診断で未然に防ぐ

健康診断を受けることで動脈硬化を防ぐことが出来ます。健康診断は体のありとあらゆる場所を検査し、数値化するので体の悪いところを見つけることが出来ます。定期的に健康診断を受けることで状況に応じて対策が行なえるのです。

血液の流れを良くする治療とは

血液の流れが悪いと体全体に悪影響を及ぼしてしまいます。血液循環を良くする治療の中にオゾン療法と呼ばれる治療があり、自分の血液にオゾンガスを混ぜて再び戻すことで血液がサラサラにすることが出来ます。

広告募集中